ステージ

親のサポートが大切

赤ちゃんの時期は少ししかないため赤ちゃんモデルに応募する人もいるでしょう。 赤ちゃんモデルになるためにはオーディションを受ける必要があり、いろいろサポートしてくれるモデル事務所のオーディションを受ける人が多いです。 赤ちゃんの魅力をしっかりアピールして、赤ちゃんに合ったモデル事務所を見つけてください。

詳しく見る

Menu

カメラマン

親子に指導してくれる

赤ちゃんモデルのオーディションを受ける事務所に迷ったら、出演実績だけでなく、パパやママへのアドバイスやサポート体制があるかや、現場で活躍できるよう赤ちゃんの表現指導や情操教育もしてくれる事務所を選びましょう。

詳しく見る

赤ちゃん

ママ子のマナーを守ろう

赤ちゃんモデルのオーディションを受けにいくうえでは、仕事をするプロであるとの意識や責任感を持って、付きそうパパやママがマナーや礼儀をわきまえ、立場を認識して行動することが求められます。赤ちゃんだから許されるという甘い認識は持たないように心がけましょう。

詳しく見る

レッドカーペット

応募方法をチェック

赤ちゃんモデルのオーディションを受けるには雑誌等に直接応募する方法と街角などで雑誌関係者にスカウトされる方法があります。赤ちゃんモデルの主な仕事内容はオムツ等のCM撮影や雑誌、広告に使用する為の写真撮影などです。

詳しく見る

スタジオ

幼児をモデルにするために

赤ちゃんモデルのオーディションを受ける時は、日焼けや虫刺されかぶれなどにならないように注意しましょう。他にも会場に行く時は、着替えや飲食物を忘れずに持参してください。あとは事前に赤ちゃんモデル用の育児レッスンを受けておくと、オーディション当日に慌てることなく対処できます。

詳しく見る

赤ちゃんモデルになる

赤ちゃん

当日気を付けること

赤ちゃんにオーディションを受けさせ、赤ちゃんモデルとして活躍させようとする親も多くなっている。赤ちゃんモデルの活躍の場としては、赤ちゃん向けの雑誌やベビー服などのモデル、赤ちゃん用品モデルなど様々なものがある。また、テレビCMやテレビ番組など赤ちゃんを必要とするシーンも多くなっており、それらへの活躍の場も広げることができる。赤ちゃんモデルとして活躍させるためには、オーディションに合格する必要がある。各種のモデルなどではオーディションを開催しており、応募してきた中から選ぶというケースが一般的になっている。赤ちゃんモデルのオーディションが人気の理由としては、赤ちゃんの思い出として残したいという理由や、そのままタレントとして活躍させたいといったことがある。赤ちゃんの時間は短いため、その思い出として雑誌やテレビなどへの出演を目指したいという親への人気がある。また、将来タレントとして活躍させたい場合、赤ちゃんモデルとして活動させそのまま本格的なタレントを目指すという方法がある。この場合には、養成所に通わせることやプロダクションとの契約を行っていくなどの方法がある。人気の赤ちゃん用品の赤ちゃんモデルなどでは、プロダクションに所属していることがオーディション受験の条件としているケースもある。その為、まずはプロダクションに所属するためのオーディションを受け、そこから赤ちゃんモデルとして活躍する方法を探すとよい。

Copyright© 2018 オーディションで合格を目指す【赤ちゃんモデルとして活躍する方法】 All Rights Reserved.