Menu

応募方法をチェック

レッドカーペット

合格するための手引き

赤ちゃんモデルのオーディションを受けるにはいくつかの方法があります。1つ目は雑誌や事務所等に自ら応募する方法。もう一つが街角等でモデル事務所関係によるスカウトによるものです。オーディションはまず書類審査を行います。受ける際には履歴書を用意しなければいけません。記入内容には志望動機や自己PRがあります。志望同期には自分の赤ちゃんがどういったモデルを目指すのかを具体的に記入しましょう。次に自己PRにはどんな事ができるのか等、外見ではなく中身を中心に書く事が重要です。赤ちゃんモデルの書類審査を通過した後のオーディションの流れはまず受付を済ませます。次にオリエンテーションを受けそのままカメラテストや面接を行います。そして最後に実技テストとグループ面接を行います。これが一連の流れになります。赤ちゃんモデルの主な仕事内容はオムツモデルになります。その他には広告用の写真を撮影しモデルとして使用します。CMやネット、雑誌の広告などにも撮影した写真は使われる事になります。写真は雑誌や広告毎に支持された内容の物を撮影します。そのためなるべく動かない様にする事が需要です。理想的な赤ちゃんモデルは笑顔が可愛く大人しくモデルとなります。撮影の度に泣いてしまっていては思うように進める事も出来なくなってしまいます。そのためオーディションを受けている最中に突然泣いてしまう事が多い場合には合格をもらえない可能性も高くなります。

Copyright© 2018 オーディションで合格を目指す【赤ちゃんモデルとして活躍する方法】 All Rights Reserved.