Menu

幼児をモデルにするために

スタジオ

審査に行くための準備

赤ちゃんモデルのオーディションは、写真を撮影するところからもう始まっています。まずオーディション用の写真を綺麗に撮るために、赤ちゃんモデルを日焼けさせるのは極力避けましょう。赤ちゃんモデルに求められるのは基本白くてすべすべの肌です。日焼けをしてしまうとその良さが損なわれてしまうので、写真撮影前のみならずオーディションが終わるまでは日焼けはしないようにしてください。また同様に虫刺されやかぶれも厳禁なので、もしそのようなことになったらすぐに治しておきましょう。そうして撮った写真に書類を添えてオーディションに送ったら、赤ちゃんモデルの第一次選考の準備は終了です。その後審査を通過したら、次は二次審査に入ります。二次審査は面接中心になるので、当日着る衣装や会場に行くための交通手段を考えておきましょう。特に衣装やおむつは、オーディションが長引くことを考慮して多めに持っていくことをすすめます。他にもぐずった時のために、飲み物やおやつも忘れてはいけません。そこに加えて子供のお気に入りのおもちゃやタオルを持参すると、泣き出した時になだめるのが楽になります。これ以外では、事前に赤ちゃんモデル用のオーディション向け育児レッスンを受けておくことも大切です。そこでオーディション対策をレクチャーしてもらったり、赤ちゃんモデルの保護者同士で情報交換することもできます。経験がない保護者が、いきなり赤ちゃんモデルのオーディションを受けるのは大変です。でも赤ちゃんモデル向けの育児レッスンを受けておけば、オーディション当日もあわてずに対処することができます。

Copyright© 2018 オーディションで合格を目指す【赤ちゃんモデルとして活躍する方法】 All Rights Reserved.