Menu

親子に指導してくれる

カメラマン

サポート体制に着目を

初めての赤ちゃんが生まれて、初めての赤ちゃんモデルへの挑戦となれば、赤ちゃんはもちろんですが、ママやパパなどの親御さんも初めてのことばかりになります。多くの親御さんが普通の会社員や自営業者などで芸能界とは全く異なる環境にいる方が多いですから、初めての芸能活動や芸能界という世界に分からないことだらけではないでしょうか。赤ちゃんモデルがオーディションに受かって活躍するうえで、ママの存在は必須です。赤ちゃんモデルが初めての撮影現場や撮影シーンで無事にお仕事がこなせるよう、常にそばについて様子を伺ったり、あやしたりする必要がありますし、いわゆるマネージャー的な役割でついている必要があるからです。そのため芸能事務所やモデル事務所のオーディションを受けるうえでは、単に仕事が入るかや、これまで有名な赤ちゃんモデルを排出しているかの実績だけでなく、教育体制やサポート体制についても確認をとりましょう。赤ちゃんモデルとして芸能界で活躍するための基本知識から必要なノウハウを、パパやママに分かりやすくレクチャーしてくれ、アドバイスやサポートをしてくれる体制が整っているかを確認しましょう。また、赤ちゃん向けの教育体制が整っているかも重要なポイントです。赤ちゃんモデルはただ可愛いくて小さければ、誰でもCMや雑誌、チラシなどのオーディションに合格できるわけではありません。やはり表情の豊かさも重要ですし、限られた撮影時間で求める動きなどができるかは次の仕事に繋がるかにも重要なので、オーディションを受ける際には赤ちゃんの表現指導や情操教育もしてくれる事務所を選びましょう。

Copyright© 2018 オーディションで合格を目指す【赤ちゃんモデルとして活躍する方法】 All Rights Reserved.